馬場2.0

馬場(Ace♠/Nonbinary/えいえんの12さい)の雑記帳的ななにか

「自分らしさ」のこと

今日は「カレーの日」ということで、晩ごはんはカレーだった馬場ですどうも。

最近どういうわけか、自分で描いたらくがきを「お、なんかちょっとかわいくね?」という感じで、妙に気に入ってしまうことがちょいちょいある。

その昔、某漫画家がバカには絵は描けないって言ってたけど、まさに俺のことだよなあ…と、何年描き続けても絵が上手くならない自分が不甲斐なくて、らくがきすら一切描かなくなった時期があっただけに、「俺のらくがきがかわいいだと!?脳がやられたか…!!?」って、ちょっと心配になったw

あれだけ後ろ向きだったのに、どうして前を向くようになったのか考えてみると、ここ数年「他人からの評価を気にするな」的な発言をするヒトたちを見かけるようになって気が楽になったことと、いかに自分が他人からの評価を気にしすぎていたのかを認識できたことが大きいのかなあと。

今までは何をするにも「どうせ…」からの否定の言葉がついて回っていたけれど、これからは「自分らしさ」を大切にして、それを表に出していきたい。

「つたわることば」のこと

「ノートやメモなどは、未来の自分が見ても理解できるように伝わる言葉で書く」的な発言を聞いて( ゚д゚)ハッ!となった馬場ですどうも。

その昔、自分が書いたであろうメモ書きとかを見ても、何を書いてあるのかさっぱりわからないけど、何かのパスワードかも知れないし処分できない…とか、略語使いまくってて「これなんて意味だっけ?」なんてことが結構あるんですよ。なので、ノートやメモは、書いた時の自分だけでなく、未来の自分が見てもわかるような言葉を選ばないといけないのだなあ…と。

 さっそく今日から未来の自分を意識して、いつ見ても理解できるような言葉を使っていこう。

「何もしなかった」のこと

強い女メーカーで遊んでいたら割といい時間になってて焦りを隠せない馬場ですどうも。

先日、「結局今年も何もしなかったな」で一年が過ぎ去ってしまうかも…的なことを書いたあと浮かんできた疑問。

「本当に何もしなかったのか」

と、いうことで、その日(1月17日)から何かしたことを書き出してみることにしたんですよ。で、よくよく見ると…

「何もしてなくはない」

じゃあ、この何もしなかった感はどこから来るんだ?と、考えると、何をしても「達成感」がないってのがありそう。「自分ができること=大したことないこと」だと思っているのがいかんのかも。手作りアクセ作りながら「ビーズの穴にゴムテグス通して輪っかにすることなんて誰にでもできるのに、これ買う人いるのかなあ?」って思ってたし、試験で一番いい評価もらっても「まぐれだ」と言い出す始末だしw

あと思い当たるのは、インプットはともかくアウトプットがよろしくないのも原因の一つくさい。知り得た知識を使って、なにかやってみるって段階に行かないから身につかないっぽい。

さすがにそろそろ胸のエンジンに火をつけないと、無縁仏になるまで「なんもしなかった^q^」って言い続けることになりそうなので、2019年はできるかぎり改善していこうと思う。できるかぎり。